顧問料なしのスポット(単発)社会保険手続きサービス「社労士Cloud」
顧問料なしのスポット(単発)社会保険手続きサービス「社労士Cloud」

助成金とは

助成金の財源は雇用保険料から支払われており、企業側からすると国に助成金の資金を積み立てているようなものです。
そして、国内の9割以上の企業が助成金の対象企業になります。

助成金の5つの特徴

1、返済不要で、使用用途を問わない。
2、粗利扱いになる。
助成金は経理上、売上ではなく雑収入になります。
100万円の助成金は、経常利益率が10%の会社であれば、1,000万円を売り上げたことと同等です。
3、申請しないと貰えない。
助成金は国から与えられるものではなく、自分で調べて申請しないと受給はできません。
4、助成金の申請のルールは常に変わり、労務管理をしていない会社には支給されない。
申請書や助成金取得のルールは毎月といってよいほど変わりますので情報のアップデートが必要です。また、就業規則や雇用契約書などの労務管理を行っていない場合、当然、支給されません。
5、年に3000以上あると言われており、良い助成金から予算が切れるのでスピードが重要。
良い助成金には沢山の企業が殺到しますので、助成金の予算がきれる前に情報を得て、申請することが重要です。

助成金の相談は専門家に

助成金の申請は、適切に行わないと不支給になってしまうことから、人事・労務の専門家である社労士に依頼することを強くおすすめします。

1、助成金受給資格のジャッジ

沢山の数を申請してきているので、企業様がそもそも助成金を受け取れる資格があるかどうかのジャッジを即時行えます。仮に資格が無かった場合は受け取れる環境が整うように労務環境のコンサルティングをさせて頂きます。

2、助成金を受け取れる環境整備

まず、助成金を受給するには適切な労務管理が必須となります。

労務管理の専門家として助成金の細かなルールの確認及び就業規則、雇用契約書、賃金台帳の作成、社会保険加入、出勤簿のチェック等々を丁寧に行います。

仮に、労働基準法に違反した就業規則や要件に合致しない項目があると申請が通らなくなりますので、適切な労務管理は非常に重要です。

3、数ある助成金の中から最適な助成金をピックアップします。

助成金は多種多様ですから、最適な助成金を見つけることは容易ではありません。また、そもそも助成金の情報を知らないと申請もできません。知らないうちに良い助成金の予算が終わっていたなんてこともよく聞く話です。

弊所では常に申請を行い情報をアップデートしている関係上、最新且つ最適な助成金の情報を常にご提案できます。

4、面倒な申請書類を作成から提出まで一括代行

助成金は沢山の書類を作成し、その管轄機関へ何度も出向く必要があります。
弊所にご依頼頂ければ、行政機関との折衝は全て行いますので、企業様に出向いてもらうことは原則ございません。

また、助成金は1日でも期限を過ぎれば書類を受け取ってもらえませんが、専門家に依頼すればそのような心配もありません。